乗り換えはジックリ考えて!

さて一般に保険商品というのは、自動車保険や交通傷害保険など一般の方にとって保障の内容が理解し易いものと、生命保険のように特約が沢山付いているために複雑になり、自分に合っているのか解りづらくなるケースもあります。
 また他の保険の乗り換え勧誘にあたり、モノ凄くお得なように思える保険商品が多いですが、実際に乗り換えた後もやはり自分に合っているのか解らなくなる場合もあります。

 ではその内容をここでは少しずつかいつまんで紹介してみましょう


利率の低い保険は見直し対象に

ちなみにこの場合、今の低金利時代のなか過去に加入した保険の方が利率が高くなります。
ですから高利率の保険商品の転換は、ジックリ考察して決めるといった考え方が大切です。

貯蓄性の高い保険商品は高金利時代の契約ほどお得になります。これは純然たる事実なのですから、解約をせず付加したい保障だけを新規に契約する様考えて下さい。